東京を主権者市民のまちに。鳥越俊太郎新知事を誕生させよう!

2016年7月20日 11時43分 | カテゴリー: トピックス

7月31日は、都知事選挙の投票日です。
生活者ネットワークは、鳥越俊太郎さんを応援しています。

STF_8008鳥越さんは、「住んでよし、働いてよし、環境によし」の東京をつくると表明。少子高齢化にともなう暮らしの課題・問題に取り組んでいくことを明確にしました。
東京は、まもなく人口減少に転じ、これまで世界が、私たちが経験したことのない超高齢社会を迎えることになります。介護・医療を始めとする高齢者政策に加え、若者の非正規雇用の増大や増え続ける保育園の待機児童、深刻化する子どもの貧困の問題など、東京が抱える諸問題は、待ったなしの状況にあります。

東京都は、この4年間で3人も知事が任期途中で辞任し、そのうち2人の知事が、「政治とカネ」の問題で退場しています。今度こそ、都知事は、金銭的なクリーンさに加え、リーダーとしての資質はもちろんのこと、何より都民の信頼が得られる人材でなければなりません。

東京・生活者ネットワークは、1,300万都民が暮らすまち・東京を、「市民参加が豊かに保障されるまち」「支えあい、分かちあう生活のまち」にするために、鳥越新知事の誕生に向けて、おおぜいの市民とともに全力で応援していきます。

フェイスブック
ツイッタ―

 

市民センター発足集会で、「鳥越サポーターズin小金井」の紹介で登壇。多くの市民が集まり、立ち上がった。小金井ネットの田頭ゆう子市議も一緒に参加(左端)。

市民センター発足集会で、「鳥越サポーターズin小金井」の紹介で登壇。多くの市民が集まり、立ち上がった。小金井ネットの田頭ゆう子市議も一緒に参加(左端)。

7月18日、鳥越俊太郎を応援する市民センターの発足集会には、会場を埋め尽くす人が集まった。

7月18日、鳥越俊太郎を応援する市民センターの発足集会には、会場を埋め尽くす人が集まった。