本当の市民参加が始まる!

2011年4月26日 16時51分 | カテゴリー: トピックス, まちづくり・防災

市長選挙報告

今回の市長選挙で、小金井・生活者ネットワークが応援した佐藤和雄さんが当選を果たしました。選挙の最中に感じたことは、なかなか決断を下せず、一向に前に進まないごみ行政に対する市民の苛立ちです。

当選の理由として、佐藤さんはきっぱりとごみ問題に「HDM(ごみ減容システム)」の導入など一歩進んだ解決策を打ち出した事、欠陥のある市民交流センターの買取を拒否したこと、仮に欠陥が解消されても購入の是非を住民投票で決めるとしたことなどが市民の共感を得たのではないかと考えます。
 ようやく国の補助金を当て込んだ旧態然としたハコモノ行政から、市民の暮らしを優先し、市民力を最大限に活かした市民参加による市政運営が始まることが期待されます。

さらに、佐藤さんは、小金井・生活者ネットワークが以前より訴えてきた政策「環境自治体」へと舵を切ろうとしています。脱原発に向け、自然エネルギーを活かしたまちづくりを小金井という地域から発信し、将来安心して子育てのできるまちをともに目指していきます。

●開票結果をお知らせ致します。

佐藤かずお 18,765票
稲葉孝彦  16,586票
はしづめ雅博 6,435票
投票総数 42,434
投票率 46.16%